ようこそ海釣り行っちゃうへ
管理人紹介
あ、どーもはじめまして。管理人の「生魚(いまゆう)」と言います。
「海釣り行っちゃう!?」へお越しくださいましてありがとうございます。
簡単な釣り歴を紹介:始まりは、祖母の家が海まで徒歩3分というところに住んでいたので、週末は父と兄弟で釣りをして遊んでました。
そして、中学校以降から中断。23歳になり開始。それから沖釣りにハマっている私です。
そんな、いまゆうは沖縄にて生活。たまに船酔いもするけど、釣れだすと復活!と言うことで、海釣生活を楽しんでいます。

パヤオでマグロを狙う!

今回は、沖縄周辺のパヤオでのマグロのシーズンなどを紹介します。

沖縄本島東のパヤオ

沖縄本島の東側パヤオは大陸棚が近く、急深になっているおり1000mより深い場所にパヤオが設置されています。
マグロが釣れ出すのはまず、糸満パヤオで釣れ、少し遅れて泡瀬から東パヤオで釣れ出すというパターンが多いです。

パヤオ状況

1月〜3月

波の高い日が多く、マグロの型も全体的に小さく活性も低いのですが、時々本マグロ釣れるのもこの時期です。

4月〜6月

10kgから30kgクラスのものが安定して釣れるシーズンです。
マグロの活性も高いので、フカセでも30kgオーバーが食いついてくることも。

7月〜9月

スブマグロに混じって、カツオやシイラがよく釣れてきます。マグロの型は少し小さな型が多くなってきます。

10月〜12月

再びマグロの型が大きくなり活性も高くなります。東側のパヤオでは4月〜6月に並びパヤオのベストシーズンです。

沖縄本島西側パヤオ

本島西側は、東に比べて水深が浅く、パヤオ設置場所も600m〜800mと浅いです。釣りのシーズンは東側より1ヵ月程度遅れることが多く、マグロの型は、少々小ぶりで、ベストシーズンは4月〜11月。

久米島パヤオ

沖縄本島周辺に比べ、桁違いのマグロの魚影が濃いのが久米島のパヤオです。県内でいち早く遊魚者にパヤオを開放したことでも知られて、本土からの釣り客も多く、夏場は予約が殺到して、なかなか船の予約が取れない状況です。また、船長が客に対するサービスもよく、質、釣果ともに県下ナンバーワンと言ってよいです。
シーズンは、4月〜11月で、この時期はフカセ釣りでも30kgから50kgの大物が狙えるチャンスです。

宮古・石垣のパヤオ

宮古・石垣のパヤオも魚影は濃く、観光客や地元釣り客に人気があります。シーズンはやはり、4月〜11月が良いです。

Valuable information


障害者施設で食事を提供

仙台で安い!女性のダイエットにおすすめ評判のパーソナルトレーニングジム9選【2019年最新】


最終更新日:2019/5/24

道具メーカー
免責事項
『海釣り行っちゃう!?』は、私個人が一般的に入手可能なあらゆる資料をもとに基本情報をまとめたものです。
『海釣り行っちゃう!?』の情報やその記述においては、慎重を期してますが、必ずしも、全てが最新で正確な情報とは限らないため、ご利用の際は自己責任でお願いします。
『海釣り行っちゃう!?』は、予告なしに内容及びURLの変更や削除をする場合がありますので、 あらかじめご了承下さい。
『海釣り行っちゃう!?』での掲載されてるコンテンツ(画像・文章・デザインなど全て)により、につき無断で使用・複製することを禁じます。
(C) 海釣り行っちゃう!?Aiiright Rereved.